« オースティン6日目。 | トップページ | オースティンでの想い出~観光編&最後に・・・。 »

2012年6月 5日 (火)

オースティンでの想い出~SHOW編。

無事、帰国しました。
ホテルを出発する4時間前まで、ショウの打ち上げだっこともあり、
体も頭もまだオースティンにいます(笑)。
そして、時差ぼけ・・・。

アメリカでショウに出演出来たことは、
本当に、貴重な経験でした。

プロフェッショナルな世界だなと感じる緊張感と、
タップダンスを通して繋がっている愛に包まれていました。

本番前にステージ裏で、
出演者全員が輪になり手を繋ぎ、気持ちひとつにします。
お互いを尊重し、励ましあい、成功を祈る。
ドキドキしました。
ふと、なんで、私ここにいるんだろとも…。
今でも夢のようです。


日本と違うことがたくさんありました。
前日のリハからの流れは、
その場その場で物事を伝えていくことが多く、
その瞬間が真剣勝負。
ジャズを演奏するかのような創り方でした。
とても興味深かったです。

サラのステージは、
レッスンの合間の限られた時の中で、
流れを創っていきました。
その空気感は、とても美しく、
優しさの中に強さがあり、サラそのもの。

ラストの曲は、来日した時にジミーとサラが踊った、
The shadow of your smile。
想い出の曲にまた感動…。


サラの振付を、リラ、カースンと3人で踊れたことは、とても嬉しく、
レッスンを受けた後でしたので、身体もコントロールできるし、
踊っていても気持ちよくて、とにかく幸せでした。

サラの作品の中でのインプロビゼーションをどう踊るべきかは、
迷いました。今後の課題ですね。


Rimg3518sc
(本番前の楽屋にて、左から、Leela、Sarah、私、Carson)


ショウ(前日のSHOWCASEも)は、
どの作品もオリジナリティに溢れているものばかりでした。
その幅の広さ、振付師の創造力の豊かさ…素晴らしい作品に出会えました。
とても素敵なショウでした。

学ぶべきことばかりでした。
サラのからの、大きな大きなプレゼント。

Rimg3516s

一生、忘れらない想い出になりました。

|

« オースティン6日目。 | トップページ | オースティンでの想い出~観光編&最後に・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15295/45534631

この記事へのトラックバック一覧です: オースティンでの想い出~SHOW編。:

« オースティン6日目。 | トップページ | オースティンでの想い出~観光編&最後に・・・。 »