« In search of "JAZZ" のリハーサルでした。 | トップページ | In search of "JAZZ" でした。 »

2012年9月24日 (月)

京都RAGにて レナード衛藤 "Power and Patience"でした。

昨日は、京都のRAGにて、
レナード衛藤 "Power and Patience" に、
出演させて頂きましたnote

ご来場下さった皆様、ありがとうございました。

RAGにおじゃましたのは、日野元彦さんが亡くなられた直後、
CLUB TOKOツアー以来かなと・・・。
実に、十数年ぶりということになります。


レナードさんの公演は、
いつも、sujiさんを通してのお誘いでしたので、
タップダンサー私1人での出演は、初でした。
"Power and Patience"というプログラムも初めて。
これまでは、レナードさんと、タップダンサーのアンサンブルを
意識していましたが、
今回は、レナードさんの作る音楽の中にタップのサウンドが
どう存在したらいいのか探りながらのステージでした。
テーマ、メンバー、場所が変わると、同じ曲も、違う顔を覗かせます。
1人だからこその自由と淋しさを感じながら、
新しい世界を楽しませて頂きましたshine

レナードさんと、鬼怒さんのエレキギター、
岸さんのキーボード&macとエレクトリックな世界のあとに続く、
木の床の上でのタップダンス。
エレクトリックな世界とアコースティックな世界のギャップと融合。
改めて、タップダンスは、アコースティックな、原始的な楽器だなと。
基本、アコースティック大好き人間ですが、
エレキギターの迫力もたまらないですね。
そこに大太鼓。テンションあがりましたup
素敵な大作揃いのライブ、とても楽しかったですhappy01
ありがとうございました。

Img_3846


久々の京都、あっという間の滞在で、
街を堪能する時間は、ありませんでしたが、
とても密度の濃い良い一日でした。
Img_3844

さて、いよいよ明後日は、
In search of "JAZZ
明日は、最後のリハーサルですgood

|

« In search of "JAZZ" のリハーサルでした。 | トップページ | In search of "JAZZ" でした。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/15295/47200274

この記事へのトラックバック一覧です: 京都RAGにて レナード衛藤 "Power and Patience"でした。:

« In search of "JAZZ" のリハーサルでした。 | トップページ | In search of "JAZZ" でした。 »